株式会社小楠金属工業所

沿革

会社沿革

昭和21年 浜名郡篠原村坪井1番地にてミシン部品製造に着手
名古屋、大阪、東京方面に販売する(リズムミシン、中谷ミシン店等)
昭和25年 資本金50万円(株)小楠金属工業所設立
従業員持ち株制度実施
昭和26年 浜名郡篠原村篠原2188番地に第二工場新設
昭和28年 鈴木自動車工業(株)(現スズキ(株))の協力工場となり翌29年より、ミシン部品製造を廃止し自動車部品に移行
昭和31年 創業10周年
昭和35年 工場を現在地に全面移転し高度成長期に入る
昭和40年 創業20周年を記念するため、鉄筋3階建て独身寮(楠寮)竣工
昭和41年 創業20周年
第一工場西側増設、工場内冷暖房完備
昭和43年 久保田鉄工(株)(現(株)クボタ)の協力工場となる
小楠熱処理工業(株)設立
昭和46年 中小企業庁指定合理化モデル工場となる
申告納税優良法人に指定される
昭和47年 タツミ工業(株)設立
昭和51年 創業30周年
昭和52年 茨城県稲敷郡に新利根小楠工業(株)設立
昭和57年 小楠金属・熱処理労組(自動車総連系)が結成される
昭和61年 創業40周年
第一工場二階建増築(2,000m²)
昭和63年 タツミ工業(株)馬郡団地へ移転、操業開始
平成2年 ワンルームタイプの独身寮OKKパレス竣工
平成3年 食堂(自社調理)、南工場完成(3,600m²)
平成4年 (株)フジユニバンス(現ユニバンス(株))との取引開始
OKKグランド坪井町(現在の坪井工場)に新設(1万m²)
平成6年 インドSS社との技術援助開始
平成8年 創業50周年を迎える
平成10年 TPMを本格導入し、全社的に展開
西隣地工場用地取得(7,000m²)
平成12年 TPM優秀賞第2類受賞
平成14年 ISO14001認証取得
平成15年 ISO9001認証取得
西工場完成(2,000m²)
平成18年 創業60周年を迎える
新事務所完成
平成20年 坪井工場完成(3,600m²)
平成21年 さざんかグランド新設(10,000m²)
平成22年 本社第6工場に、太陽光発電装置(100kW)を設置
EMSを自主管理にて推進
OGUSU(THAILAND)CO.,LTD.設立
平成23年 OGUSU(THAILAND)6月稼働
平成25年 OGUSU(THAILAND)第2工場建設
平成26年 ヤンマー(株)との取引開始
平成27年 本社第一工場に、太陽光発電装置(227kW)設置
経営革新計画の承認を受ける
平成28年 創業70周年を迎える

株式会社 小楠金属工業所70年の歩み

詳細はこちら